戦略立案からWEBサイト構築・運営までワンストップ対応!ご相談はこちら

カメラ

【Nikon大三元レンズ】f/2.8通しで圧縮効果を活かした写真が撮れる「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」を開封フォトレビュー!

【Nikon大三元レンズ】f/2.8通しで圧縮効果を活かした写真が撮れる「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」を開封フォトレビュー!

【Nikon大三元レンズ】f/2.8通しで圧縮効果を活かした写真が撮れる「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」を開封フォトレビュー!

Nikonの大三元レンズには、標準ズームレンズの「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」や広角レンズと呼ばれる「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」と呼ばれるように、望遠レンズとして「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」が2020年8月28日より発売されています。

これらのレンズは、Nikonの最高峰に位置するレンズで、いずれもf/2.8の通しで撮影ができるカメラレンズで、レンズに最も光が入る状態の開放絞り撮影を行うと、ピントが合っている位置から前後するする部分には、滑らかなボケ感ある写真を撮影することができ、被写体を強調したい時などに効果を発揮します。

f/2.8での開放絞りでの撮影でさえ、焦点を合わせることで魅力的な写真を撮影することができるのですが、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sは、さらに望遠レンズならではの撮影ができる圧縮効果を活かした撮影ができます。

そんなNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを今更ながらですが、記事にしましたのでレビューしていこうと思います。

ニコン NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S ※Nikon Creators 応援サマーキャンペーン 2023/08/21迄

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの開封

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sのパッケージ

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sのパッケージがこちら。f/2.8に加え、「VR」と「S」という表記があります。

VRとは、ニコン独自の手ぶれ補正機構「Vibration Reduction」を搭載したレンズである事を示していて、Sは高度な光学性能を追求したレンズにのみ「S-Line」として位置づけられた証明です。

私が保有するNikon Z9Z7iiはミラーレスカメラなので、カメラ本体と交換レンズを連結させるためのマウント部分はZ mountです。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S本体とマニュアル

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S本体と保証書やマニュアルが入っており、その他にNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S本体を収納時等に保護するための布が付属していました。

toiro

三脚座はNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S本体についています。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの外観レビュー

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S本体

サイズは約89mm(最大径)×220mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)で、重量は三脚座を含めて約1440g(三脚座なしの場合は約1360g)と片手で持っていてもずっしりとした質量感があり、質感も金属製であることから所有感を満たすような感じがします。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S本体の上部にはレンズ情報パネル

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの上部にはレンズ情報パネルが備わっています。ここで焦点距離やF値などDISPボタンを押して確認することができます。

また、カメラれんず先端からフォーカスリング、ズームリング、コントロールリングがあり、コントロールリングはISO感度や露出補正のいずれかをNikon Z9Z7iiなどのミラーレスカメラ側で割り当てることができるようになっています。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S本体にはL-Fn2が4つとL-Fnが1つ

その他、functionボタンであるL-Fn2ボタンが鏡筒の周り4箇所に配置されており、L-Fnがレンズ情報パネルの側に配置されています。同じ大三元レンズのNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 SNIKKOR Z 14-24mm f/2.8 SにはるL-Fn2ボタンがないため、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sなどの望遠レンズ特有のボタンになります。

オートフォーカスとマニュアルを調整するスイッチなど

サイドにはオートフォーカスとマニュアルとを切り替えるためのスイッチと、ピント調整のための焦点距離について切り替えるためのスイッチが備わっています。

toiro

S-Lineである事を尊重するロゴも入っていますね!

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの三脚座を回転するためのノブ

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの三脚座は360度、レンズ周辺を回転させることができます。三脚に三脚座を取り付けた状態でも、縦構図で撮影したい時などは、ノブを緩めて回転させるだけのシンプルな設計になっています。

動きは非常に滑らかで、ノブを緩めた状態だとヌルっといった感じで引っ掛かりを感じることなくスムーズに構図を変えることができそうです。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの三脚座を外した状態

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの三脚座を外すこともできます。三脚座自体にノブがあり、緩めることでNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S本体からスライドして取り外すことができました。

取り外した部分にも、三脚に取り付けることができるようにネジが切っているため、三脚座を必要としない場合は、ストラップなどを付けて運用するのもありだと思います。

レンズキャップ77mm LC-77B(スプリング式)

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sに付属していたバヨネットフード「HB-92」は取り付けた様子がこちら。レンズ先端に取り付ける際、ロック機能がバヨネットフード自体に備わっているため、カチッと言う音でしっかりと固定されます。外す際は、ボタンを押し込んで時計と反対周りに回すと外すことができました。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sは所有感を満たしてくれる最高の望遠レンズ

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの開封レビューから外観についてレビューしました。

半導体不足もあってか、Nikonは5月に価格改定が行われました。NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sに限らず、大三元レンズはそれぞれが30万円を超える高級レンズで、なかなか手を出しづらいかもしれませんが、その価値を見出すのも撮影者次第です。

中古も出回り出しているため、気になっている方はぜひチェックしてみてください!

商品のリンク一覧はコチラ!

今回ご紹介した商品は以下のリンクより購入いただけます♪

ニコン NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S ※Nikon Creators 応援サマーキャンペーン 2023/08/21迄
created by Rinker
¥14,300 (2024/04/23 21:28:20時点 楽天市場調べ-詳細)
キズから守るなら
created by Rinker
¥76,998 (2024/04/23 21:08:51時点 楽天市場調べ-詳細)
より望遠で撮影可能

\ toiro.onlineで紹介しているオススメ

ガジェット カメラ

Sennheiser「MKE400-ii」でクリアな音声収録!開封と外観レビュー

カメラで動画撮影をした際、音声が全体的に響いてノイズなどが入るなどして気になった事はないでしょうか? 今回は、ミラーレスカメラでの音声収録をよりクリアにする外部マイク「SennheiserのMKE400-ii」を購入した。 2022年の1月に発売されており、発売してから2年経過していますが、YouTubeなどのSNSでも高く評価されており、多くのクリエイターに使われているMK400iiで、テレビや映画などの収録用マイクとして長年愛されているMKH416を製造販売している知る人ぞ知る老舗のメーカーでもありま ...

ガジェット

TourBox Eliteで写真や動画編集などの様々なアプリケーションを片手で簡単操作!開封レビュー

写真の現像や動画編集など、パソコンを使ったクリエイティブな作業をするのに役立つのが、bluetooth左手デバイスとしてTourBox Eliteが展開されています。 TourBox Eliteは複数のボタンやダイヤルなどで構成されており、複数のアプリケーションを事前にプリセットとしてよく使うショートカットキーやコマンドを割り当てることできるようになっています。その他、マクロを組んで一括で複数の処理を行ったりすることができるため、これまでマウス操作やショートカットキーで同時押しが必要な手間を省略することが ...

ガジェット カメラ

DJI Osmo Pocket 3になって大幅アップデート!クリエイターコンボの開封とその魅力に迫る

2023年10月25日に、DJIよりポケットに収まるサイズのスタビライザーとして展開しているDJI Osmo Poket 3が発売されました。 DJI Osmo Pocket 3は、以前からもあったDJI Osmo Pocketの最新版で手のひらサイズでコンパクトな設計でありながらも、滑らかな映像を撮影することができるデバイスとして注目を集めており、日常風景からVlog、プロの現場でも大型機材が入らないような場所などでも使用されています。 今回新たに発売されたDJI Osmo Pocket 3について、発 ...

ガジェット カメラ

速写に対応しながらも複数規格の三脚座に対応!快適な取り回しを実現

人体への負担が少なく速写を追求した製品を多く取り揃えるSPIDERのSPIDER PRO Single Camera System V2と、コンパクトで機能性に優れた製品を多岐に展開するPeak DesignのDUAL PLATEを組み合わせてNikon Z9に装着してみました。 動きのあるスチール撮影から、アルカスイスやRC2のプレートに対応した三脚の雲台などに乗せて動画撮影などの据置による運用もする事ができる様になり、これまで以上に使い勝手が良く、快適な取り回しができる様になったので、その一連をレビュ ...

ガジェット カメラ

Nikon Z9を腰にぶら下げてスマートな撮影が行える様になる「SPIDER PRO Single Camera System V2」の外観フォトレビュー

SPIDER LIGHT HOLSTERに続き、今回は、Nikon Z9も腰に装着するSPIDER HOLSTERで運用をしたく、合わせて入手したSPIDER PRO Single Camera System v2について紹介しようと思います! Amazonや楽天市場でも取り扱いはありますが、商品情報に関する内容が浅く、レビューも英語が多いので、この記事を参考に検討されている方は是非チェックしてみてください! SPIDER PRO Single Camera System V2であればNikon Z9に対 ...

トレンドと魅力をブログとウェブサイトで発信しませんか?

レビュー記事執筆・掲載依頼受付

最新のトレンドや商品を徹底的にレビュー!ブログで魅力を余すことなくお伝えします!

執筆依頼

ブログ・WEBサイト制作依頼

魅力的なウェブサイトを手軽に実現!プロがサポートするウェブサイト制作サービス

制作依頼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

toiro

\随時更新中!/
機能的でおしゃれなガジェットで魅力に感じたモノを中心にレビューしています。
\ノーコードWEB制作/
WordPress × Elementor × crocoblock
フリーランスでの経験を軸に副業やビジネスに通用するWEBサイト制作スキルを配信中!
\FOLLOW/