戦略立案からWEBサイト構築・運営までワンストップ対応!ご相談はこちら

広告 ガジェット カメラ

DJI Osmo Pocket 3になって大幅アップデート!クリエイターコンボの開封とその魅力に迫る

DJI Osmo Pocket 3になって大幅アップデート!クリエイターコンボの開封とその魅力に迫る

DJI Osmo Pocket 3になって大幅アップデート!クリエイターコンボの開封とその魅力に迫る

2023年10月25日に、DJIよりポケットに収まるサイズのスタビライザーとして展開しているDJI Osmo Poket 3が発売されました。

DJI Osmo Pocket 3は、以前からもあったDJI Osmo Pocketの最新版で手のひらサイズでコンパクトな設計でありながらも、滑らかな映像を撮影することができるデバイスとして注目を集めており、日常風景からVlog、プロの現場でも大型機材が入らないような場所などでも使用されています。

今回新たに発売されたDJI Osmo Pocket 3について、発売と同時にSNSなどでも話題になっており、多くのインフルエンサーがレビュー投稿しており、気になっている方も多いかと思います。

私も、DJI製品として、新たに発売したデバイスとして注目していたので、初めてDJI Osmo Pocket 3を手にする事にしまいた!開封レビューに加え、今回、DJI Osmo Pocket 3を購入した理由についても触れようと思います。

created by Rinker
¥96,800 (2024/05/27 07:33:04時点 楽天市場調べ-詳細)

DJI Osmo Pocket 3の開封レビュー

今回入手したのが「DJI Osmo Pocket 3 CREATOR COMBO」で、DJI Osmo Pocket 3の化粧箱はシンプルなデザインとなっており、今回始めて搭載された2インチのタッチディスプレイが横になって印象的な特徴を捉えた写真が採用されています。

裏面には、主なDJI Osmo Pocket 3の特徴が6つアイコンと共に取り上げられていました。

  • 1インチのCMOSセンサーの採用で、4K:120Pの撮影が可能
  • 2インチの縦横に回転することができるタッチスクリーンの搭載
  • 3軸のジンバルによる機械的な安定化
  • アクティブトラック6.0に対応
  • フルピクセルの高速フォーカス機能
  • 10-bitとしてD-Log Mの動画撮影が可能
  • ステレオでの録音
  • ポケットに収まるサイズ

っと、今回のアップデートの特徴とも言われている内容がまとめられています。その他、今回のDJI Osmo Pocket 3 CREATOR COMBOに付属する内容物の一覧もアイコンで表現されていました。

開封して取り出した内容物がこちら。

DJIのロゴが入ったキャリーバックと、DJI Osmo Pocket 3を外部からの衝撃等から守るためのProtective Cover、その他マニュアル一式が入っていました。

DJI Osmo Pocket 3本体はと言うと、このキャリーバックの中に収納されているようです。キャリーバックは黒で取っ手がある他、外見上とてもシンプルに仕上がっておりいます。

ファスナーは防水仕様になっており、DJI Osmo Pocket 3を使うシーンが外へ持ち出す事を想定している事が伺えます。また、ファスナーを引っ張りやすいように紐がついているのですが、簡単にほどけないように取り付けられており、頻繁に出し入れする際に取れてしまうという心配はなさそうです。

キャリーバックを全開にした様子がこちら。中にはDJI Osmo Pocket 3 CREATOR COMBOのセットが全て収められており、3つの大きな仕切りに区分けしたようにしてコンパクトに収納されています。

DJI Osmo Pocket 3本体もキャリーバックの中に入っており、中身を全部、取り出してみました。DJI Osmo Pocket 3の本体の他に、付属品としてDJI Mic 2 Transmitter、Handle With 1/4" Thread、Battery Handle、Mini Tripod、Type-C PD Cable、DJI Mic 2 Clip Magnet、DJI Mic 2 Windscreen、Wide-Angle Lens、DJI Wrist Strapっと充実したセットです。

こちらが、DJI Osmo Pocket 3本体。手のひらサイズというだけあって、コンパクトデジカメと同様の1インチのイメージセンサーを積んでいるにも関わらず、とても小さく感じます。

DJI Osmo Pocket 3を起動してすぐに、アクティベーションをするように促され、ファームウェアのアップデートもあったので、初期設定はiPhoneやAndroidが必要になりますが、5分程度で無事完了。

途中、DJI CARE REFRESHと言う保証サービスの案内やDJI Osmo Pocket 3を購入した目的や利用用途などのアンケートがあり、手間ではあるものの、今後もDJIの製品の発展をして欲しいので、正確に回答しました。

DJI Care Refreshは、故障や経年劣化などをカバーする、DJI製品向けの信頼できる保証プランと言う事だったので、対象期間2年の保証に加入。サービス有効期間内であれば、リフレッシュ交換可能回数が4回でき、1回あたり交換費用が4,730円で済むとの事なので、頻繁に持ち出して使うデバイスとしては安心のプランだと思います。

DJI Osmo Pocket 3本体に直接接続する付属品として入っていた、ミニ三脚や三脚を取付れれるようにするためのハンドル、バッテリーハンドル、PD対応のType-Cケーブルは、使用シーンに合わせて組み合わせる事ができるため、日常使いであれば十分な内容です。

とは言え、今後はDJI Osmo Pocket 3に対応したサードパーティ製の製品もラインナップが揃ってくると思おうので、防水カバーや様々な場所にマウントするためのものなどが出るのも楽しみです!

そして、DJI Osmo Pocket 3本体でも周囲の音声をステレオで録音することができるのですが、DJIはワイヤレスマイクも展開されており、今回はDJI MIC 2として、新たにクリアボディとしてメカニカルなデザインで入っていました。

以前、手軽にワイヤレスマイクとして収録ができる「DJI MIC」外観フォトレビューとして、DJI MICを紹介しているのですが、今回は32bit Floatで録音できる仕様になっていると言う事で、YouTubeなどでもクリアな音声が録音されているのが聞けると思います。

この32bit Floatと言うのは、写真で言うとROWファイルで、動画でいうとLOGファイルにあたるもので、言わば録音する音声データーを無加工で収録できる優れものです。

そのため、高低差の激しい音であったとしても、録音した後に編集で音のぶれ幅を調整することができ、大きな音や突発音的な音割れや、小さな音など聞き取りにくい音を拾い上げることができるため、プロの現場では当たり前のように使われている技術がこの親指サイズ程度のデバイスでできるのです。

DJI Osmo Pocket 3は2チャンネル(DJI MIC 2を2台)接続できるようなので、今後、DJI MIC 2単品でも発売されると思われます。DJI MIC 2の使い方はワイヤレスとしての通信機のような役割を持たせることもできるため、使い方によってはDJI MICのレシーバーをDJI MIC 2に繋げて録音できるかなど試していければと考えています。

DJI Osmo Pocket 3は携帯性と安定性、高いクオリティで撮影できる唯一無二のデバイス

DJI Osmo Pocket 3はジンバルによる滑らかな映像が撮影できるだけでなく、1インチのイメージセンサーを搭載したことで、デジタル加工したかのような背景のボケではなく、純粋なボケを取り入れる事ができるようになりました。

これまでのアクションカメラやDJI Osmo Pocket シリーズでは実現できなかった課題をクリアし、プロの現場でも通用するような映像美やクリアな音の収録ができるようになった事で、誰もが手軽に撮影を楽しむことができる唯一無二のデバイスに仕上がっています。

今回、初めてDJI Osmo Pocket 3を手にしたのですが、実はDJI Osmo Mobileの初代を持っており、その滑らかな映像が撮影できる事の素晴らしさは実感していました。とは言え、撮影できる映像や音声については不満が残る部分でもあったため、やはりプロ機材でしかクオリティの担保ができないと思っていた矢先のDJI Osmo Pocket 3だったため、一眼レフカメラで撮影したかのようなクオリティまで行かないにせよ、近づいた映像が手軽に撮影できる事の方が、やはり普段遣いの意味では大きく魅了されたポイントです。

DJI Osmo Pocket 3は写真も撮影することができるため、写真を高いクオリティのレンズや望遠など、シーンに合わせて付け替えながら撮影したい!っと言うニーズがない限り、コンパクトなミラーレスカメラよりもDJI Osmo Pocket 3の方が使い勝手が良いと思います。

是非、参考になれば幸いです!

商品のリンク一覧はコチラ!

今回ご紹介した商品は以下のリンクより購入いただけます♪

created by Rinker
¥96,800 (2024/05/27 07:33:04時点 楽天市場調べ-詳細)

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券チャージがオススメです。
チャージ金額に応じてポイントアップ

\ 知らないと損!/

チャージ方法を見る

プライム会員なら、ポイント還元率UPでさらにお得!

\ toiro.onlineで紹介しているオススメ

Synology DS1821+をサイドボードの下に設置

ガジェット

SynologyのNAS「DS1821+」導入!データ容量や利用条件を気にせずに安全管理するための環境を構築する

様々なデータを取り巻く現代において、データの管理方法は時代の変化と共に移り変わっていますが、今回、我が家でNASを導入することになったので、どのようなNASでスペックなどを紹介しながら導入プロセスについて記事にしてみました。 NASについて何なのかについては、別途ご紹介しますので、今回は、SynologyのNAS「DS1821+」を導入した記録です。 Synology DS1821+なら大容量・大量のデータをも安心・安全に管理できる! 今回は、SynologyのDS1821+で、HDD(3.5インチ・ハー ...

ガジェット カメラ

Sennheiser「MKE400-ii」でクリアな音声収録!開封と外観レビュー

カメラで動画撮影をした際、音声が全体的に響いてノイズなどが入るなどして気になった事はないでしょうか? 今回は、ミラーレスカメラでの音声収録をよりクリアにする外部マイク「SennheiserのMKE400-ii」を購入した。 2022年の1月に発売されており、発売してから2年経過していますが、YouTubeなどのSNSでも高く評価されており、多くのクリエイターに使われているMK400iiで、テレビや映画などの収録用マイクとして長年愛されているMKH416を製造販売している知る人ぞ知る老舗のメーカーでもありま ...

ガジェット

TourBox Eliteで写真や動画編集などの様々なアプリケーションを片手で簡単操作!開封レビュー

写真の現像や動画編集など、パソコンを使ったクリエイティブな作業をするのに役立つのが、bluetooth左手デバイスとしてTourBox Eliteが展開されています。 TourBox Eliteは複数のボタンやダイヤルなどで構成されており、複数のアプリケーションを事前にプリセットとしてよく使うショートカットキーやコマンドを割り当てることできるようになっています。その他、マクロを組んで一括で複数の処理を行ったりすることができるため、これまでマウス操作やショートカットキーで同時押しが必要な手間を省略することが ...

ガジェット カメラ

DJI Osmo Pocket 3になって大幅アップデート!クリエイターコンボの開封とその魅力に迫る

2023年10月25日に、DJIよりポケットに収まるサイズのスタビライザーとして展開しているDJI Osmo Poket 3が発売されました。 DJI Osmo Pocket 3は、以前からもあったDJI Osmo Pocketの最新版で手のひらサイズでコンパクトな設計でありながらも、滑らかな映像を撮影することができるデバイスとして注目を集めており、日常風景からVlog、プロの現場でも大型機材が入らないような場所などでも使用されています。 今回新たに発売されたDJI Osmo Pocket 3について、発 ...

ガジェット カメラ

速写に対応しながらも複数規格の三脚座に対応!快適な取り回しを実現

人体への負担が少なく速写を追求した製品を多く取り揃えるSPIDERのSPIDER PRO Single Camera System V2と、コンパクトで機能性に優れた製品を多岐に展開するPeak DesignのDUAL PLATEを組み合わせてNikon Z9に装着してみました。 動きのあるスチール撮影から、アルカスイスやRC2のプレートに対応した三脚の雲台などに乗せて動画撮影などの据置による運用もする事ができる様になり、これまで以上に使い勝手が良く、快適な取り回しができる様になったので、その一連をレビュ ...

トレンドと魅力をブログとウェブサイトで発信しませんか?

レビュー記事執筆・掲載依頼受付

最新のトレンドや商品を徹底的にレビュー!ブログで魅力を余すことなくお伝えします!

執筆依頼

ブログ・WEBサイト制作依頼

魅力的なウェブサイトを手軽に実現!プロがサポートするウェブサイト制作サービス

制作依頼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

toiro

\随時更新中!/
機能的でおしゃれなガジェットで魅力に感じたモノを中心にレビューしています。
\ノーコードWEB制作/
WordPress × Elementor × crocoblock
フリーランスでの経験を軸に副業やビジネスに通用するWEBサイト制作スキルを配信中!
\FOLLOW/