戦略立案からWEBサイト構築・運営までワンストップ対応!ご相談はこちら

ガジェット カメラ

とっさの雨からカメラが入ったバックパックを守るpeak designのレインカバー「rainfly 45L」の外観フォトレビュー

とっさの雨からカメラが入ったバックパックを守るpeak designのレインカバー「rainfly 45L」の外観フォトレビュー

とっさの雨からカメラが入ったバックパックを守るpeak designのレインカバー「rainfly 45L」の外観フォトレビュー

Peak designより雨や雪などの悪天候時に、カメラなどが入ったバックパックを守るためのバックパック専用レインカバー「rainfly 45L」が発売されています。

Peak designと言えば、機能性とデザインを両立したヒット製品を多く展開しており、カメラを多様するユーザーにとっては画期的な製品などに魅了されることも多々あります。

同じくPeak designのTRAVEL BACKPACK 45Lを日々愛用しているので、rainfly 45Lを取り付けて運用したく入手しました!

toiro

TRAVEL BACKPACK 45Lはファスナーを多様しているため、耐水性を高めるためにもrainfly 45があったほうが安心できます。

シンプルながら機能美であるポイントも踏まえてフォトレビューしていこうと思います。

created by Rinker
¥5,390 (2024/04/23 20:27:55時点 楽天市場調べ-詳細)

Peak designのバックパック専用レインカバー「rainfly 45L」外観フォトレビュー

Peak design rainfly 45Lのパッケージ

こちらがPeak designのバックパック専用レインカバー「rainfly 45L」です。パッケージに入っているのではなく、厚紙にrainfly 45Lがぶら下げるようにして販売されています。

Peak design rainfly 45Lのパッケージには45L対応の表記

赤い字で「45L」と表記されており、同じくPeak desginのTRAVEL BACKPACK 45Lと同様の大きさで有ることが伺えます。

Peak design「rainfly 45L」のポーチ

Peak design rainfly 45Lが収納されたポーチ

Peak designの「rainfly 45L」はポーチの中にしまい込まれている状態です。

Peak design rainfly 45Lのポーチに開閉し易いファスナー

ポーチには開閉できるファスナーがあり、ファスナーに紐が取り付けられているため、開閉がし易いなっています。

Peak design rainfly 45Lをバックパックに取り付けるためのスナップがついた帯が両端にある

両端の上部には、ワンタッチプラスナップが取り付けられたループに通すための帯があります。

rainfly 45Lはコンパクトにポーチの中に収納されている

Peak design rainfly 45Lをポーチから取り出す様子

ポーチのファスナーを開けると、ポーチと繋がった状態で、レインカバー本体を取り出すことができました。

Peak design rainfly 45Lはポーチと一体となっています

折りたたまれている状態から展開していくと、その全貌があらわになってきました。

Peak design rainfly 45Lの全体

ポーチから出てきたレインカバーを広げた状態がこちら。サイズは横幅が330mm、高さ560mmで、奥行き260mmでTRAVEL BACKPACK 45Lのサイズ(標準:56cm x 33cm x 24cm)と比較すると、奥行き部分のみが、rainfly 45Lの方が20mm大きく設計されているようです。

rainfly 45Lのポーチは内側に付いた状態で一体化

Peak design rainfly 45Lのポーチは一体化している

rainfly 45Lのポーチはレインカバーの内側に付いた状態です。レインカバーと一体になっていることで、収納時にポーチを探す必要はなく紛失する心配もなさそうです。

また、TRAVEL BACKPACK 45Lに常時取り付けると事を想定した設計になっているため、Peak Desginの機能美が光るポイントとなっています。取り付けたレビューは別途します。

rainfly 45Lでバックパック全体を水滴が入り込まないように包み込む

Peak design rainfly 45Lでバックパックを包み込むためのシンチコード

rainfly 45Lはバックパック全体を包み込むようにしてカバーするようになっています。バックパックにrainfly 45Lを被せるだけでは、雨や雪などが隙間から入り込む可能性があるため、しっかりと包み込むためのシンチコードと呼ばれるゴム紐が備わっていました。

ゴム紐を緩める際は、パイプラインハンドルとなっている帯を引っ張ることでゴム紐の突っ張りを調整することができるようになっているようです。

rainfly 45Lの底には湿気を逃すための通気孔が備わっている

Peak design rainfly 45Lは湿気を逃す機構も備わっている

rainfly 45Lの内側を見渡すと、カバーの一部に穴(排水グロメット)が付いているが確認できました。バックパックとrainfly 45Lとの間にこもる湿気を追い出すための通気孔としての役割があるそうです。

rainfly 45L使用後にポーチへの収納を想定した湿気がこもりにくい設計

Peak design rainfly 45Lのポーチ裏側はメッシュ素材で通気性抜群

ポーチの裏側がメッシュ調になっており、濡れた状態のrainfly 45L本体を収納しても良いように設計されているようです。細かな目のメッシュであるため、微量の水は排出できないと思われますが、レインコートにありがちなカビ臭くなるのを防ぐために、rainfly 45Lのポーチは湿気がこもらないようになっていました。

rainfly 45Lは耐候性と耐摩耗性を高めた素材

Peak design rainfly 45Lの素材は2種類で構成

耐候性として70dリップストップナイロンと耐摩耗性を高めるために200dの厚手ボトムライナーが付いています。rainfly 45Lを取り付けた状態でも底に耐摩耗性を意識した設計になっているため、砂利や岩場などに置いてもナイロンで引き裂かれるといった心配は軽減されそうです。

rainfly 45Lの収納は折りたたんでポーチに入れるだけ

Peak design rainfly 45Lのをポーチに戻すのも簡単

一度取り出したモノを収納する場合、元の状態に戻しくいこともありますが、rainfly 45Lの場合、雑多に押し込まない限り、簡単にポーチに収納することができました。多少の膨らみがあるものの、ポーチの裏側がメッシュになっていることもあり、空気を押し出して収納すれば、スリムな状態に簡単にすることができます。

rainfly 45Lは銀座ストアもしくは各ECサイトで購入可能

今回紹介したrainfly 45LはPeak desginとして世界で2店舗目となる銀座ストアにて購入することができます。

各ECストアでも購入することができ、価格としてはECサイトの方が安く手に入れることができますが、銀座ストアでの購入に限り、一生涯保証が付いてくるので、生涯Peak desginの製品を使い続けるのであれば、立ち寄った際に購入するのも良いと思います!

Peak desgin製品全般、2回の価格改定があったとのことで、値上がりしているようなので、気になった時に手に入れておいた方が良いかもしれません。

商品のリンク一覧はコチラ!

今回ご紹介した商品は以下のリンクより購入いただけます♪

created by Rinker
¥5,390 (2024/04/23 20:27:55時点 楽天市場調べ-詳細)

\ toiro.onlineで紹介しているオススメ

ガジェット カメラ

Sennheiser「MKE400-ii」でクリアな音声収録!開封と外観レビュー

カメラで動画撮影をした際、音声が全体的に響いてノイズなどが入るなどして気になった事はないでしょうか? 今回は、ミラーレスカメラでの音声収録をよりクリアにする外部マイク「SennheiserのMKE400-ii」を購入した。 2022年の1月に発売されており、発売してから2年経過していますが、YouTubeなどのSNSでも高く評価されており、多くのクリエイターに使われているMK400iiで、テレビや映画などの収録用マイクとして長年愛されているMKH416を製造販売している知る人ぞ知る老舗のメーカーでもありま ...

ガジェット

TourBox Eliteで写真や動画編集などの様々なアプリケーションを片手で簡単操作!開封レビュー

写真の現像や動画編集など、パソコンを使ったクリエイティブな作業をするのに役立つのが、bluetooth左手デバイスとしてTourBox Eliteが展開されています。 TourBox Eliteは複数のボタンやダイヤルなどで構成されており、複数のアプリケーションを事前にプリセットとしてよく使うショートカットキーやコマンドを割り当てることできるようになっています。その他、マクロを組んで一括で複数の処理を行ったりすることができるため、これまでマウス操作やショートカットキーで同時押しが必要な手間を省略することが ...

ガジェット カメラ

DJI Osmo Pocket 3になって大幅アップデート!クリエイターコンボの開封とその魅力に迫る

2023年10月25日に、DJIよりポケットに収まるサイズのスタビライザーとして展開しているDJI Osmo Poket 3が発売されました。 DJI Osmo Pocket 3は、以前からもあったDJI Osmo Pocketの最新版で手のひらサイズでコンパクトな設計でありながらも、滑らかな映像を撮影することができるデバイスとして注目を集めており、日常風景からVlog、プロの現場でも大型機材が入らないような場所などでも使用されています。 今回新たに発売されたDJI Osmo Pocket 3について、発 ...

ガジェット カメラ

速写に対応しながらも複数規格の三脚座に対応!快適な取り回しを実現

人体への負担が少なく速写を追求した製品を多く取り揃えるSPIDERのSPIDER PRO Single Camera System V2と、コンパクトで機能性に優れた製品を多岐に展開するPeak DesignのDUAL PLATEを組み合わせてNikon Z9に装着してみました。 動きのあるスチール撮影から、アルカスイスやRC2のプレートに対応した三脚の雲台などに乗せて動画撮影などの据置による運用もする事ができる様になり、これまで以上に使い勝手が良く、快適な取り回しができる様になったので、その一連をレビュ ...

ガジェット カメラ

Nikon Z9を腰にぶら下げてスマートな撮影が行える様になる「SPIDER PRO Single Camera System V2」の外観フォトレビュー

SPIDER LIGHT HOLSTERに続き、今回は、Nikon Z9も腰に装着するSPIDER HOLSTERで運用をしたく、合わせて入手したSPIDER PRO Single Camera System v2について紹介しようと思います! Amazonや楽天市場でも取り扱いはありますが、商品情報に関する内容が浅く、レビューも英語が多いので、この記事を参考に検討されている方は是非チェックしてみてください! SPIDER PRO Single Camera System V2であればNikon Z9に対 ...

トレンドと魅力をブログとウェブサイトで発信しませんか?

レビュー記事執筆・掲載依頼受付

最新のトレンドや商品を徹底的にレビュー!ブログで魅力を余すことなくお伝えします!

執筆依頼

ブログ・WEBサイト制作依頼

魅力的なウェブサイトを手軽に実現!プロがサポートするウェブサイト制作サービス

制作依頼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

toiro

\随時更新中!/
機能的でおしゃれなガジェットで魅力に感じたモノを中心にレビューしています。
\ノーコードWEB制作/
WordPress × Elementor × crocoblock
フリーランスでの経験を軸に副業やビジネスに通用するWEBサイト制作スキルを配信中!
\FOLLOW/