戦略立案からWEBサイト構築・運営までワンストップ対応!ご相談はこちら

広告 ガジェット

TourBox Eliteで写真や動画編集などの様々なアプリケーションを片手で簡単操作!開封レビュー

TourBox Eliteで写真や動画編集などの様々なアプリケーションを片手で簡単操作!開封レビュー

TourBox Eliteで写真や動画編集などの様々なアプリケーションを片手で簡単操作!開封レビュー

写真の現像や動画編集など、パソコンを使ったクリエイティブな作業をするのに役立つのが、bluetooth左手デバイスとしてTourBox Eliteが展開されています。

TourBox Eliteは複数のボタンやダイヤルなどで構成されており、複数のアプリケーションを事前にプリセットとしてよく使うショートカットキーやコマンドを割り当てることできるようになっています。その他、マクロを組んで一括で複数の処理を行ったりすることができるため、これまでマウス操作やショートカットキーで同時押しが必要な手間を省略することができ、作業効率を上げることができるとあって人気を集めています。

そんなTourBox Eliteを今更ながら入手したので、開封レビューをしながらTourBox Eliteの特徴についてレビューしようと思います。

今回紹介する左手デバイス

TourBox Elite

ダブルクリックや各々のボタンとの組み合わせで50以上のコマンド入力を可能に!ショートカットの設定も可能な左手デバイス

TourBoxの主な特徴

  • ボタンの組み合わせで50以上のコマンド入力に対応
  • ワイヤレスで遅延のない操作感
  • クリックやダイヤルに振動機能があり感覚での操作が可能
  • 動画編集、イラスト、写真現像などツール毎にプリセットが設定できる

toiro

ショートカットキーがない操作については、Macで独自にショートカットキーを割り振ることができるので、合わせ技で利用できますよ!

TourBox Elite開封レビュー

TourBox Eliteの化粧箱

こちらがTourBox Eliteの化粧箱です。第3世代目という事で、これまでのモデルより改良が多く加えられてTourBox Eliteを入手しました。

ちなみに、TourBoxにはPCと有線接続するTourBox Neoと無線接続ができるようになったTourBox Eliteの2種類があります。

TourBox EliteはBluetooth LE 5.0に対応

改良ポイントの1つとして、デュアルBluetooth LE 5.0による無線接続に対応したという点です。Bluetooth LE 5.0と言えば、2016年に発表された技術ではあるものの、「LE(Low Energy)」と示す通り、ボタン電池であったとしても何年も使うことのできる程の超低電力で、データ通信速度や通信範囲、通信容量が大幅にアップしたバージョンです。

その後、目立ったパージョンアップがなされていないため、現時点で既に優れた通信技術に達してものと思われます。

TourBox Elite本体の外観レビューと仕様について

TourBox Elite本体とマニュアル類

TourBox Elite本体とマニュアル類が入っていました。カラーはアイボリーホワイト、クラシックブラック、トランスルーセントの3種類あり、指紋や黄ばみが目立ちにくいトランスルーセントを選択。

キーボードと同様に、編集をメインとし使用するデバイスであるため、常に左手を添えて使用する事を想定するとなると、やはり見た目もテンションが上がるボディの方が、ストレスなく捗るため、他のカラーに比べ、機能は同じではあるものの6,000円ほど高いトランスルーセントを購入しました。

TourBox Eliteのボタンは14個だけど組み合わせパターンによっては50種類以上!

TourBox Elite本体

TourBox Eliteには、ボタンが11個、ノブ、ダイヤル、スクロールがあり、それぞれの配列や形、サイズに加え、触感も異なる仕様となっており、使い慣れる事でノールックによる操作ができるとの事。

また、ノブやダイヤル、スクロールについては、これまでのTourBoxには無かった押し込みによるボタン機能が追加されており、全体で14個となっています。ボタン等の全体的な人間工学に基づいて設計されたデザインはそのままに、入力できるパターンが増えました。

各ボタンを1回だけでなく、ダブルクリックや複数ボタンの組み合わせなどによる操作もできるため、50種類以上ものコマンドを設定できる仕様です。

TourBox Eliteにはリニアモーター搭載で触感を頼りにした操作が可能

振動が伝わるからこそ微調整もしやすいTourBox Elite

TourBox Eliteのノブやダイヤル、スクロールには振動する機構が備わっており、カリカリと操作する事ができます。

PCに、専用アプリケーションである「TourBox Console」をインストールして、設定する事で、振動する感触を得ながら操作する事が出来るのですが、電子的なリニアモーターで振動しているとの事で、電源を切った状態や、ソフトウエアによるコネクトをしていない場合は、カリカリとするような感触はなく、ノブやダイヤルなど軽い力で回せるだけです。

マウスのスクロールのように、物理的な感触ではない事や、一度のスクロールで、長時間回転し続けるような回転軸になっていないため、この点においては実際に触れてみないと分からなかった感触です。

TourBox Eliteだけの特徴

TourBox Eliteの裏面

TourBox Eliteの裏面は、ゴム足が4箇所にあり、ガッチリと据え置いて操作できるようになっています。

Dual Bluetooth LE 5.0が採用されているため、最大2台を切り替えながら、接続することができ、電源スイッチは、マウスなどと同様に裏面にありました。これはTourBox Eliteのみの仕様で、TourBox Neoにはありません。

TourBox Eliteは単3電池2本で動作

TourBox Eliteの電池カバーは簡単に取り外す事ができ、単3電池2本で動作します。内蔵バッテリー型ではないため、バッテリーの劣化によって、TourlBox本体を丸ごと買い替える必要がないため、長く愛用する事を前提として使い慣れて、操作をマスターするデバイスとしてはありがたい仕様です。

TourBox Eliteはコンパクトでありながらもズッシリとした重みで安定感抜群

TourBox Eliteの重量は376g

TourBox Eliteの重量は、電池を除いた状態で376gもあります。

サイズ感からして、幅116、高さ101、厚み44mmの筐体からしては重ための重量ですが、中の構造を見ていると、あえて分厚い鉄板が仕込まれているので、安定性を重視しての設計だと思われます。

テーブルなど、安定した場所で片手操作に加え、サイドボタンや複数のボタンを組み合わせて同時押しなどができるため、ある程度の重みがあった方が、寧ろ良いと言う事もあり、重さについては納得です。

TourBox EliteはUSB Type-Cに対応!有線で安定した接続も可能

TourBox Eliteは有線接続にも対応

TourBox Eliteには、USB Type-Cの端子が備わっています。基本的にはBluetoothによる無線接続がメインになるかと思いますが、有線による接続も可能です。有線で接続した場合は、単3電池がなくても動作させることができるため、バッテリー残量を気にしながら使用したくない方は有線接続で使用することも可能です。

なお、有線で接続したい場合は、付属品としてUSB Type-Cのケーブルは付属していないため、別途準備する必要があります。

TourBox Eliteはクリエイターの手に馴染む左手デバイスとして優しい設計に仕上がっている

TourBox Eliteについて開封レビューから外観や仕様についてレビューしました。TourBox Eliteを使用する方の多くはクリエイティブな制作を中心とする方々が大半だと思います。そんなクリエイティブを日常とする方々は感覚を大切にしている部分でもあるため、TourBox Eliteのように、人間工学に基づいた設計やボタンのサイズや形、リニアモーターによる触感など、使い勝手を良くするための工夫が所狭しと詰め込まれたデバイスとして仕上がっている様に思います。

作業効率を格段に上げる事ができるbluetooth左手デバイスとして検討されている方で、まだ試した事がない方は手に取って試してみてください!ショートカットキーを物理的にボタンに割り振るだけじゃない機能が万歳なので、TourBox Eliteをフル活用するためのTourBox Consoleを、近日中に紹介できればと思います。

商品のリンク一覧はコチラ!

今回ご紹介した商品は以下のリンクより購入いただけます♪

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券チャージがオススメです。
チャージ金額に応じてポイントアップ

\ 知らないと損!/

チャージ方法を見る

プライム会員なら、ポイント還元率UPでさらにお得!

\ toiro.onlineで紹介しているオススメ

ガジェット カメラ

Sennheiser「MKE400-ii」でクリアな音声収録!開封と外観レビュー

カメラで動画撮影をした際、音声が全体的に響いてノイズなどが入るなどして気になった事はないでしょうか? 今回は、ミラーレスカメラでの音声収録をよりクリアにする外部マイク「SennheiserのMKE400-ii」を購入した。 2022年の1月に発売されており、発売してから2年経過していますが、YouTubeなどのSNSでも高く評価されており、多くのクリエイターに使われているMK400iiで、テレビや映画などの収録用マイクとして長年愛されているMKH416を製造販売している知る人ぞ知る老舗のメーカーでもありま ...

ガジェット

TourBox Eliteで写真や動画編集などの様々なアプリケーションを片手で簡単操作!開封レビュー

写真の現像や動画編集など、パソコンを使ったクリエイティブな作業をするのに役立つのが、bluetooth左手デバイスとしてTourBox Eliteが展開されています。 TourBox Eliteは複数のボタンやダイヤルなどで構成されており、複数のアプリケーションを事前にプリセットとしてよく使うショートカットキーやコマンドを割り当てることできるようになっています。その他、マクロを組んで一括で複数の処理を行ったりすることができるため、これまでマウス操作やショートカットキーで同時押しが必要な手間を省略することが ...

ガジェット カメラ

DJI Osmo Pocket 3になって大幅アップデート!クリエイターコンボの開封とその魅力に迫る

2023年10月25日に、DJIよりポケットに収まるサイズのスタビライザーとして展開しているDJI Osmo Poket 3が発売されました。 DJI Osmo Pocket 3は、以前からもあったDJI Osmo Pocketの最新版で手のひらサイズでコンパクトな設計でありながらも、滑らかな映像を撮影することができるデバイスとして注目を集めており、日常風景からVlog、プロの現場でも大型機材が入らないような場所などでも使用されています。 今回新たに発売されたDJI Osmo Pocket 3について、発 ...

ガジェット カメラ

速写に対応しながらも複数規格の三脚座に対応!快適な取り回しを実現

人体への負担が少なく速写を追求した製品を多く取り揃えるSPIDERのSPIDER PRO Single Camera System V2と、コンパクトで機能性に優れた製品を多岐に展開するPeak DesignのDUAL PLATEを組み合わせてNikon Z9に装着してみました。 動きのあるスチール撮影から、アルカスイスやRC2のプレートに対応した三脚の雲台などに乗せて動画撮影などの据置による運用もする事ができる様になり、これまで以上に使い勝手が良く、快適な取り回しができる様になったので、その一連をレビュ ...

ガジェット カメラ

Nikon Z9を腰にぶら下げてスマートな撮影が行える様になる「SPIDER PRO Single Camera System V2」の外観フォトレビュー

SPIDER LIGHT HOLSTERに続き、今回は、Nikon Z9も腰に装着するSPIDER HOLSTERで運用をしたく、合わせて入手したSPIDER PRO Single Camera System v2について紹介しようと思います! Amazonや楽天市場でも取り扱いはありますが、商品情報に関する内容が浅く、レビューも英語が多いので、この記事を参考に検討されている方は是非チェックしてみてください! SPIDER PRO Single Camera System V2であればNikon Z9に対 ...

トレンドと魅力をブログとウェブサイトで発信しませんか?

レビュー記事執筆・掲載依頼受付

最新のトレンドや商品を徹底的にレビュー!ブログで魅力を余すことなくお伝えします!

執筆依頼

ブログ・WEBサイト制作依頼

魅力的なウェブサイトを手軽に実現!プロがサポートするウェブサイト制作サービス

制作依頼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

toiro

\随時更新中!/
機能的でおしゃれなガジェットで魅力に感じたモノを中心にレビューしています。
\ノーコードWEB制作/
WordPress × Elementor × crocoblock
フリーランスでの経験を軸に副業やビジネスに通用するWEBサイト制作スキルを配信中!
\FOLLOW/