戦略立案からWEBサイト構築・運営までワンストップ対応!ご相談はこちら

ガジェット

グリップの安定性を向上させながらも着脱しやすいPeak Designのカメラ用クラッチ「CL-3」外観フォトレビュー

グリップの安定性を向上させながらも着脱しやすいPeak Designのカメラ用クラッチ「CL-3」外観フォトレビュー

グリップの安定性を向上させながらも着脱しやすいPeak Designのカメラ用クラッチ「CL-3」外観フォトレビュー

ミラーレスカメラなどのグリップを握った際、よりホールド感を得るためにPeakDesginから、カメラ用クラッチが発売されています。クラッチを使うことで、手の甲を覆いかぶせることができるため、手疲れでグリップから手を離したい時でも、しっかりとホールドしていることで、てからカメラが滑り落ちる心配が軽減できます。

そんなPeak Designのカメラ用クラッチ「CL-3」を入手したので、外観フォトレビューをしようとおもいます。

手の甲を覆いかぶせてガッチリとホールドするカメラ用クラッチ「CL-3」外観フォトレビュ

手の甲全体を包み込むPeakDesginのクラッチCL-3が入ったパッケージ表

こちらがPeak designのカメラ用クラッチ「CL-3」です。シャッターを押す右側にあるストラップ取り付け部にループするように通すだけで取り付けることができ、簡単に取りはずしもできるそうです。

PeakDesginのクラッチCL-3が入ったパッケージ裏面には利用シーンがありホールド感があるのが伺える

CL-3のパッケージの裏側には、クラッチを装着した状態でボタン操作ができることが伺えます。また、クラッチにあるベルとを引っ張ることで、より手の甲に密着するように締め付けられるようです。

パッケージを開けるとCL-3本体が現れた

パッケージを開けるとCL-3本体が現れました。クラッチには、PeakDesgin発案のアンカーリンクスが付いています。

PeakDesginのクラッチCL-3の同梱物一式

同梱物は、CL-3本体とアルカスイスのプレート、ストラップ取付部の金具、アンカーリンクス2本に巾着袋や4mmの六角レンチが付属していました。

シンプルながら着脱し易い構造のCL3

CL-3本体

CL-3本体がこちら。ベルト長さは最長29cmまで伸ばすことができ、最小まで短くすると20cmにすることができます。ベルト幅は5.1cmと幅広で、ベルトの重さは50gと軽量です。後に紹介するアルカスイスのプレートと合わせると、総重量総重量123gだそうです。

酸化アルミニウムでできたアジャスター部分
アンカーハウジングにアンカーリンクスが付いている状態

シンプルなデザインでミラーレスカメラなどの側部にあるストラップ取付部と付属していたアルカスイスのプレートにアンカーリンクスを取り付けて装着する仕様です。

CL-3のクラッチ裏面にはナイロンで滑りにくく、クッション性も確保

CL-3の裏面には滑り止めのための加工が施されている

CL-3のクラッチ裏面は滑り止めの役割を果たすのか、不思議な模様が施されていました。個人的にはあまり好きなデザインではないのですが、カメラに取り付けてしまえば内側で見えなくなるので良しとしています。

なお、ベルト自体にクッション性を持たせているため、長時間の使用で手の甲への負担が軽減されそうです。

ストラップ取付部の金具(アイレット)は作りが雑

CL-3のストラップストラップ取付部の金具(アイレット)は加工がイマイチ

ストラップ取付部の金具(アイレット)ですが、正直言うと作りは雑です。ワイヤーを三角に折り曲げただけで、切口は縦にカットしたような加工がされており、ヤスリで切り口を滑らかにしたような感じではありませんでした。

Nikonの場合だと、切り口は斜めにかっとされており、さらには切り口が滑らかになるように加工が施されています。これにより、カメラ側部のストラップ取付部にアイレットを取り付けたとしても傷がつく心配がありません。

こちらに関しては、元Appleのスタッフを抱えるPeakDesginらしくない細部への拘りがないように感じました。

クライミングギアからのインスピレーションで製品化されたアジャスター部分

先程のストラップ取付部に付ける金具は、CL-3の酸化アルミニウムでできたアジャスターを外してベルトを通す事で、簡単に装着することができます。クラッチのアジャスターは、クライミングギアからインスピレーションを得て製品化された機能だそうです。

ベルトの横幅サイズに合わせたアイレットで引っかかりはない

CL-3のベルトにアイレットを取り付けると以上のようになります。ベルトの幅よりも少し幅を設けているのか、アイレットにベルトが引っかかるといったことはなさそうです。

PeakDesginではお馴染みのアンカーリンクスで耐荷重も90kgと日常使いに問題はない

CL-3をカメラに装着するにはPeakDesginではお馴染みのアンカーリンクスとアンカーハウジングを使用

続けて反対側には、PeakDesginの代名詞と言っても過言ではないアンカーリンクスとアンカーハウジングが備わっています。アンケーリンクスはアンカーはイジングにスライドしてカチッと心地よい音がして、しっかりと固定することができる優れもので、このアンカーコネクターの耐荷重は90kgと普通に使う分には問題なさそうです。

Captureや三脚など様々なシーンで取り回しし易いアルカスイス互換プレートで底面を固定

アルカスイス互換のPeakDesginのプレートは四隅に穴がある

CL-3のクラッチを取り付けるためには、アンカーリンクスをカメラの底面に取り付ける必要がります。そこで、同梱していたプレートを使用して装着するのですが、アルカスイス互換であるため、PeakDesginより発売されているCaptureやアルカスイスプレートに対応した三脚等々にマウントすることができます。

PeakDesginのアルカスイス互換のプレートには、四隅に穴が空いているため、こちらにアンカーリンクスをループして装着することで、CL-3のクラッチをカメラに装着することができるようになると言う事のようです。

4mmの六角レンチでカメラの三脚穴にアルカスイス互換プレートを装着する

カメラの底面にある三脚穴にPeakDesginのアルカスイス互換のプレートを取り付けるには、付属している4mmの六角レンチを使用します。装着する向きはカメラの三脚穴の位置に応じて、どの向きでも装着して良いように設計されており、プレート自体を三脚穴より上下、左右とプレートの向きを変えることで、少し中心部をずらす事も可能のようです。

まとめと次回予告

PeakDesginのカメラ用クラッチCL-3について外観フォトレビューをしました。クラッチを装着することで、カメラ本体の落下防止やホールド感を高めるためたい方にオススメです。

また、アルカスイス互換のプレートでクラッチを装着することができるため、PeakDesginのCaptureや三脚などを多様する方にとっても、難なくマウントできるとのことなので、次回はNikon Z9に実際に取り付けるところからレビューしようと思います!

商品のリンク一覧はコチラ!

今回ご紹介した商品は以下のリンクより購入いただけます♪

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券チャージがオススメです。
チャージ金額に応じてポイントアップ

\ 知らないと損!/

チャージ方法を見る

プライム会員なら、ポイント還元率UPでさらにお得!

\ toiro.onlineで紹介しているオススメ

ガジェット カメラ

Sennheiser「MKE400-ii」でクリアな音声収録!開封と外観レビュー

カメラで動画撮影をした際、音声が全体的に響いてノイズなどが入るなどして気になった事はないでしょうか? 今回は、ミラーレスカメラでの音声収録をよりクリアにする外部マイク「SennheiserのMKE400-ii」を購入した。 2022年の1月に発売されており、発売してから2年経過していますが、YouTubeなどのSNSでも高く評価されており、多くのクリエイターに使われているMK400iiで、テレビや映画などの収録用マイクとして長年愛されているMKH416を製造販売している知る人ぞ知る老舗のメーカーでもありま ...

ガジェット

TourBox Eliteで写真や動画編集などの様々なアプリケーションを片手で簡単操作!開封レビュー

写真の現像や動画編集など、パソコンを使ったクリエイティブな作業をするのに役立つのが、bluetooth左手デバイスとしてTourBox Eliteが展開されています。 TourBox Eliteは複数のボタンやダイヤルなどで構成されており、複数のアプリケーションを事前にプリセットとしてよく使うショートカットキーやコマンドを割り当てることできるようになっています。その他、マクロを組んで一括で複数の処理を行ったりすることができるため、これまでマウス操作やショートカットキーで同時押しが必要な手間を省略することが ...

ガジェット カメラ

DJI Osmo Pocket 3になって大幅アップデート!クリエイターコンボの開封とその魅力に迫る

2023年10月25日に、DJIよりポケットに収まるサイズのスタビライザーとして展開しているDJI Osmo Poket 3が発売されました。 DJI Osmo Pocket 3は、以前からもあったDJI Osmo Pocketの最新版で手のひらサイズでコンパクトな設計でありながらも、滑らかな映像を撮影することができるデバイスとして注目を集めており、日常風景からVlog、プロの現場でも大型機材が入らないような場所などでも使用されています。 今回新たに発売されたDJI Osmo Pocket 3について、発 ...

ガジェット カメラ

速写に対応しながらも複数規格の三脚座に対応!快適な取り回しを実現

人体への負担が少なく速写を追求した製品を多く取り揃えるSPIDERのSPIDER PRO Single Camera System V2と、コンパクトで機能性に優れた製品を多岐に展開するPeak DesignのDUAL PLATEを組み合わせてNikon Z9に装着してみました。 動きのあるスチール撮影から、アルカスイスやRC2のプレートに対応した三脚の雲台などに乗せて動画撮影などの据置による運用もする事ができる様になり、これまで以上に使い勝手が良く、快適な取り回しができる様になったので、その一連をレビュ ...

ガジェット カメラ

Nikon Z9を腰にぶら下げてスマートな撮影が行える様になる「SPIDER PRO Single Camera System V2」の外観フォトレビュー

SPIDER LIGHT HOLSTERに続き、今回は、Nikon Z9も腰に装着するSPIDER HOLSTERで運用をしたく、合わせて入手したSPIDER PRO Single Camera System v2について紹介しようと思います! Amazonや楽天市場でも取り扱いはありますが、商品情報に関する内容が浅く、レビューも英語が多いので、この記事を参考に検討されている方は是非チェックしてみてください! SPIDER PRO Single Camera System V2であればNikon Z9に対 ...

トレンドと魅力をブログとウェブサイトで発信しませんか?

レビュー記事執筆・掲載依頼受付

最新のトレンドや商品を徹底的にレビュー!ブログで魅力を余すことなくお伝えします!

執筆依頼

ブログ・WEBサイト制作依頼

魅力的なウェブサイトを手軽に実現!プロがサポートするウェブサイト制作サービス

制作依頼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

toiro

\随時更新中!/
機能的でおしゃれなガジェットで魅力に感じたモノを中心にレビューしています。
\ノーコードWEB制作/
WordPress × Elementor × crocoblock
フリーランスでの経験を軸に副業やビジネスに通用するWEBサイト制作スキルを配信中!
\FOLLOW/