戦略立案からWEBサイト構築・運営までワンストップ対応!ご相談はこちら

ガジェット ノウハウ

DJI Osmo Pocket 3のDJI Mic 2をハブにして音声収録を2台以上で同時接続する方法!

DJI Osmo Pocket 3のDJI Mic 2をハブにして音声収録を2台以上で同時接続する方法!

DJI Osmo Pocket 3で32bit Floatの音声収録を同時に2台以上する方法!

連日、DJI Osmo Pocket 3の先行レビュー動画や記事などがアップされており、私も開封レビューとして記事にしています。

そんな中、仕様書にない使用方法として、クリエイターコンボに付属するDJI Mic 2にDJI Micのレシーバーを接続すれば、DJI Micを使って同時に2台以上の音声を収録できるのではないか?っと思い、実際に試してみました。

結論、タイトルにある通り、DJI Osmo Pocket 3のDJI Mic 2をハブにして音声収録を2台以上で同時接続する事ができます!

現在、DJI Mic 2はDJI Osmo Pocket 3のクリエイターコンボに付属している形でしか購入できませんが、DJI Mic 2の活用方法として、どのような方法で複数台の音声収録ができるようになるのかについてまとめましたのでレビューしていこうと思います。

DJI Mic 2とDJI Micの違い

左側のクリアボディになっているDJI Mic 2はDJI Osmo Pocket 3のクリエイターズコンボに付属する専用のワイヤレスマイクで、写真で言うところのRAWデータのように扱える音声データとして32bitのFloatで収録できます。

一方、右側のDJI Micは、24bitでの録音となっており、32bitに比べると音域異なるため、32bitに比べるとやはり劣る部分となりますが、ワイヤレスマイクとしては音質に定評があり、業務レベルでも十分に役立つクオリティを発揮してくれます。

32bitや24bitといった音域に関しては、YouTuberのギュイーントクガワさんが解説してくれているのですが、今回の接続方法で、DJI Mic 2を通して32bitの音声ファイルが生成されますが、途中でDJI Micのレシーバーを挟んでいる関係もあって32bitの音域に24bitの音域での音声が入っているという認識の元で話を進めます

32bitの音域でDJI Micが使用できるというわけではないということは予めご留意ください。実際のところは技術者でないとこの辺りについては明確な回答は難しいと思います。

DJI Micを2台以上同時接続する場合の本来の使用方法

本来であれば、DJI MicのレシーバーにUSB端子として接続するためのコネクターを装着して、DJI Osmo Pocket 3本体もしくは、Handle With 1/4" Thread、Battery HandleなどにあるUSB-Type-C端子を介して接続するのですが、これだと手元にレシーバーが当たってしまってコネクタ部分を壊してしまいそうです。

また、DJI Mic 2の場合は、レシバーは不要であるため、DJI Mic 2が2台あれば、DJI Osmo Pocket 3とワイヤレスで接続することができます。ただし、3台以上となると接続ができない仕様になっています。

toiro

DJI Micも価格が4万円台から徐々に安くなっているので買い時かも?

DJI Mic 2をハブにすることで複数台のマイクをDJI Osmo Pocket 3で収録可能

DJI Mic 2は、単体で録音できる他、無線でワイヤレスマイクとして使用することができますが、外部接続端子として上部にイヤホンジャックが備わっています。通常であれば、ピンマイク(ラベリアマイク)をこのイヤホンジャックに挿して使用するようになっているのですが。。

DJI Micのレシーバーには、OUTとモニタリングするためのイヤホンジャックが2つ備わっています。どちらも音声を出力するための端子ですが、今回はモニタリング用のイヤホンジャックに注目します。

以上のように、DJI Micのレシーバーにあるモニタリング用のイヤホンジャックから、DJI Mic 2の入力用イヤホンジャックにケーブルで繋ぎました。作業はこれだけです。

全体の構成としては、DJI Osmo Pocket 3とDJI Mic 2がワイヤレスで接続されていて、DJI Mic 2にDJI Micのレシーバーをケーブル接続することで、DJI Mic 2台の音声をDJI Mic 2に音声を届けるといった流れになります。

たったこれだけで、DJI Mic 2台の音声をDJI Mic 2がDJI Osmo Pocket 3へ音声データをワイヤレスで飛ばす事ができるので、DJI Osmo Pocket 3に直接DJI Micのレシーバーを接続しないで済むだけでなく、この方法であれば、複数台のマイクをDJI Mic 2を介す事で使用することができるようになります。

ZOOMのF6にも、LINE OUTとモニタリング用のイヤホンジャックがあるのですが、DJI Micのレシーバー同様の接続方法でモニタリング用イヤホンジャックからDJI Mic 2に接続してあげれば、ZOOMのF6は6台を同時接続できるため、より多くの音声を収録することができます。

実際、複数台で音声を同時に収録することは稀ですが、このようにして録音することができるとなると、複数人での対談などでも使えそうですよね!

同時収録はできても個別収録には向いていない

複数人での収録をする場合、誰かが喋っている時は、可能な限り他のマイクで拾う音声は避けたいものです。ただし、以上の方法だと、DJI Mic 2をハブのような役割を持たせているため、2台のDJI Micの音声を収録することになり、個別での音声はDJI Mic側で録音しておく必要があります。

そのため、いくらDJI Mic 2が32bitのFloatで音域が広く収録できたとしても、入力される音声が2人以上だと扱いにくいのは言うまでもありません。収録する場面やワイヤレスマイクを付ける演者に対して、理解が得られるかなどが大切になってきます。

演者としてゲストが居る場合は、多くが専門外の方も多いと思いますので、その辺りの説明や注意をするぐらいであれば、別の方法で収録するなどした方が、お互いに気を使わずに済む可能性もあります。

まとめ

DJI Osmo Pocket 3で複数台のマイクを使って収録する方法について解説しました。現在、DJI Mic 2は単品での販売はなく、複数人での音声を収録する場合は、DJI Micを用いて収録する事になると思いますが、レシーバーの取り付けがグリップの部分になるため、装着位置としてはいまいちです。

三脚で固定した収録であれば、なんの問題もありませんが、グリップ周りを今回の方法であればレシーバーを装着しないで済むため、マウントを装着する際などに邪魔にならなかったりします。場合によっては有効な手段だと思うので、使用場面に合わせた使い方として1つ方法として知っていて損はないと思います。

この記事が参考になれば幸いです。この記事の他にも、役立つ情報や気になる事があればコメントやSNSなどからお問い合わせください!

商品のリンク一覧はコチラ!

今回ご紹介した商品は以下のリンクより購入いただけます♪

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券チャージがオススメです。
チャージ金額に応じてポイントアップ

\ 知らないと損!/

チャージ方法を見る

プライム会員なら、ポイント還元率UPでさらにお得!

\ toiro.onlineで紹介しているオススメ

ガジェット カメラ

Sennheiser「MKE400-ii」でクリアな音声収録!開封と外観レビュー

カメラで動画撮影をした際、音声が全体的に響いてノイズなどが入るなどして気になった事はないでしょうか? 今回は、ミラーレスカメラでの音声収録をよりクリアにする外部マイク「SennheiserのMKE400-ii」を購入した。 2022年の1月に発売されており、発売してから2年経過していますが、YouTubeなどのSNSでも高く評価されており、多くのクリエイターに使われているMK400iiで、テレビや映画などの収録用マイクとして長年愛されているMKH416を製造販売している知る人ぞ知る老舗のメーカーでもありま ...

ガジェット

TourBox Eliteで写真や動画編集などの様々なアプリケーションを片手で簡単操作!開封レビュー

写真の現像や動画編集など、パソコンを使ったクリエイティブな作業をするのに役立つのが、bluetooth左手デバイスとしてTourBox Eliteが展開されています。 TourBox Eliteは複数のボタンやダイヤルなどで構成されており、複数のアプリケーションを事前にプリセットとしてよく使うショートカットキーやコマンドを割り当てることできるようになっています。その他、マクロを組んで一括で複数の処理を行ったりすることができるため、これまでマウス操作やショートカットキーで同時押しが必要な手間を省略することが ...

ガジェット カメラ

DJI Osmo Pocket 3になって大幅アップデート!クリエイターコンボの開封とその魅力に迫る

2023年10月25日に、DJIよりポケットに収まるサイズのスタビライザーとして展開しているDJI Osmo Poket 3が発売されました。 DJI Osmo Pocket 3は、以前からもあったDJI Osmo Pocketの最新版で手のひらサイズでコンパクトな設計でありながらも、滑らかな映像を撮影することができるデバイスとして注目を集めており、日常風景からVlog、プロの現場でも大型機材が入らないような場所などでも使用されています。 今回新たに発売されたDJI Osmo Pocket 3について、発 ...

ガジェット カメラ

速写に対応しながらも複数規格の三脚座に対応!快適な取り回しを実現

人体への負担が少なく速写を追求した製品を多く取り揃えるSPIDERのSPIDER PRO Single Camera System V2と、コンパクトで機能性に優れた製品を多岐に展開するPeak DesignのDUAL PLATEを組み合わせてNikon Z9に装着してみました。 動きのあるスチール撮影から、アルカスイスやRC2のプレートに対応した三脚の雲台などに乗せて動画撮影などの据置による運用もする事ができる様になり、これまで以上に使い勝手が良く、快適な取り回しができる様になったので、その一連をレビュ ...

ガジェット カメラ

Nikon Z9を腰にぶら下げてスマートな撮影が行える様になる「SPIDER PRO Single Camera System V2」の外観フォトレビュー

SPIDER LIGHT HOLSTERに続き、今回は、Nikon Z9も腰に装着するSPIDER HOLSTERで運用をしたく、合わせて入手したSPIDER PRO Single Camera System v2について紹介しようと思います! Amazonや楽天市場でも取り扱いはありますが、商品情報に関する内容が浅く、レビューも英語が多いので、この記事を参考に検討されている方は是非チェックしてみてください! SPIDER PRO Single Camera System V2であればNikon Z9に対 ...

トレンドと魅力をブログとウェブサイトで発信しませんか?

レビュー記事執筆・掲載依頼受付

最新のトレンドや商品を徹底的にレビュー!ブログで魅力を余すことなくお伝えします!

執筆依頼

ブログ・WEBサイト制作依頼

魅力的なウェブサイトを手軽に実現!プロがサポートするウェブサイト制作サービス

制作依頼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

toiro

\随時更新中!/
機能的でおしゃれなガジェットで魅力に感じたモノを中心にレビューしています。
\ノーコードWEB制作/
WordPress × Elementor × crocoblock
フリーランスでの経験を軸に副業やビジネスに通用するWEBサイト制作スキルを配信中!
\FOLLOW/