戦略立案からWEBサイト構築・運営までワンストップ対応!ご相談はこちら

生活雑貨

PREDUCTSのMesh Cable HolderをFlexiSpotの昇降デスクに取り付けるための「Hanger for Mesh Cable Holder」外観フォトレビュー

PREDUCTSのMesh Cable HolderをFlexiSpotの昇降デスクに取り付けるための「Hanger for Mesh Cable Holder」外観フォトレビュー

PREDUCTSのMesh Cable HolderをFlexiSpotの昇降デスクに取り付けるための「Hanger for Mesh Cable Holder」外観フォトレビュー

前回、「煩雑になりがちなデスク裏のケーブルをスッキリまとめて隠すことができるPREDUCTSの「Mesh Cable Holder」外観レビュー」をしましたが、そのMesh Cable HolderをFlexiSpotのデスク裏に装着するためのHanger for Mesh Cable Holderをご紹介しながら外観フォトレビューをしようと思います。

Hanger for Mesh Cable Holder
| PREDUCTS
Hanger for Mesh Cable Holder | PREDUCTS

Mesh Cable Holderを、FlexiSpot E7 / E8のフレームに取り付けるための専用モジュールです。※幅140cm/160cm/180cm の昇降デスクモデルに対応

preducts.jp

FlexiSpotの昇降モジュールも一緒に隠す事ができるようになるHanger for Mesh Cable Holder

PREDUCTSでは同じみの段ボールパッケージです。Hanger for Mesh Cable Holderは幅140cm/160cmモデル用と幅180cmモデル用アダプター付きの2種類が展開されています。今回、我が家の学習デスクとして使用しているFlexiSpotの天板の横幅は120cmなので、幅140cmモデルを購入しました。

FlexiSpotのフレームに直接装着することを想定した設計のHanger for Mesh Cable Holder

同梱物はHanger for Mesh Cable Holder本体2本と、FlexiSpotの昇降モジュールが取り付けられているフレームに装着するためのネジが4本付属していました。

Hanger for Mesh Cable Holderの両端にはMesh Cable Holderを引っ掛けるためのフックが備わっており、バーとなる部分は5箇所のスレッドがあります。デクス幅は自由に調整できるFlexiSpotは、幅を調整することで、フレームにあるネジ穴の位置も変わることから、Hanger for Mesh Cable Holderも柔軟に対応できるように設計されているようです。

バー側面には、FlexiSpotのフレームに沿うようにして設置できるガイドがありました。恐らく、Mesh Cable Holderを脱着する際、FlexiSpot本体のフレームにMesh Cable Holderが接触することで傷が付かないようにするためだったり、フレームとの密着度を高めるためだと思われますが、特になくても良さそうな部分でもあります。

付属していたネジですが、FlexiSpotの昇降モジュールを取り付ける部分には既存のカバーがあり、そのカバーを取り付けるネジと同様であるため、こちらを使わなくても固定することができます。

予備としてという事であったとしても、必要な時に調達すれば良いだけなので、敢えて公式でもFlexiSpotE7専用としている以上、付属は不要なんじゃないかと思いました。

120cm幅のデスクに幅「140cm/160cmモデル用」を購入した理由

Mesh Cable Holderは120cm幅の場合、フレームに干渉するため、140cmからとしているようですが、実寸サイズとしては、昇降するためのフレームの内側が101cm以上の幅があれば、干渉する事なく装着できます。

そのため、Hanger for Mesh Cable Holder自体は、長さが64cm程度で、フックの機能だけなので、140cmモデルでも120cmのデスク幅でもフレームに装着することができます。幅180cmモデル用アダプター付きの場合、FlexiSpotのフレーム部分が伸び縮みする関係で、フレームの太さが変わることもあり、専用のアダプターを使って装着することになるようで、180cm以上の天板でMesh Cable Holderを利用する場合は、アダプター月の幅180cmモデル用を購入する必要があります。

次回は、実際に横幅120cmの天板を取り付けているFlexiSpot E7 Proに装着した様子をレビューしていこうと思います。

商品のリンク一覧はコチラ!

今回ご紹介した商品は以下のリンクより購入いただけます♪

公式サイト限定販売
Hanger for Mesh Cable Holder
| PREDUCTS
Hanger for Mesh Cable Holder | PREDUCTS

Mesh Cable Holderを、FlexiSpot E7 / E8のフレームに取り付けるための専用モジュールです。※幅140cm/160cm/180cm の昇降デスクモデルに対応

preducts.jp

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券チャージがオススメです。
チャージ金額に応じてポイントアップ

\ 知らないと損!/

チャージ方法を見る

プライム会員なら、ポイント還元率UPでさらにお得!

\ toiro.onlineで紹介しているオススメ

ガジェット カメラ

Sennheiser「MKE400-ii」でクリアな音声収録!開封と外観レビュー

カメラで動画撮影をした際、音声が全体的に響いてノイズなどが入るなどして気になった事はないでしょうか? 今回は、ミラーレスカメラでの音声収録をよりクリアにする外部マイク「SennheiserのMKE400-ii」を購入した。 2022年の1月に発売されており、発売してから2年経過していますが、YouTubeなどのSNSでも高く評価されており、多くのクリエイターに使われているMK400iiで、テレビや映画などの収録用マイクとして長年愛されているMKH416を製造販売している知る人ぞ知る老舗のメーカーでもありま ...

ガジェット

TourBox Eliteで写真や動画編集などの様々なアプリケーションを片手で簡単操作!開封レビュー

写真の現像や動画編集など、パソコンを使ったクリエイティブな作業をするのに役立つのが、bluetooth左手デバイスとしてTourBox Eliteが展開されています。 TourBox Eliteは複数のボタンやダイヤルなどで構成されており、複数のアプリケーションを事前にプリセットとしてよく使うショートカットキーやコマンドを割り当てることできるようになっています。その他、マクロを組んで一括で複数の処理を行ったりすることができるため、これまでマウス操作やショートカットキーで同時押しが必要な手間を省略することが ...

ガジェット カメラ

DJI Osmo Pocket 3になって大幅アップデート!クリエイターコンボの開封とその魅力に迫る

2023年10月25日に、DJIよりポケットに収まるサイズのスタビライザーとして展開しているDJI Osmo Poket 3が発売されました。 DJI Osmo Pocket 3は、以前からもあったDJI Osmo Pocketの最新版で手のひらサイズでコンパクトな設計でありながらも、滑らかな映像を撮影することができるデバイスとして注目を集めており、日常風景からVlog、プロの現場でも大型機材が入らないような場所などでも使用されています。 今回新たに発売されたDJI Osmo Pocket 3について、発 ...

ガジェット カメラ

速写に対応しながらも複数規格の三脚座に対応!快適な取り回しを実現

人体への負担が少なく速写を追求した製品を多く取り揃えるSPIDERのSPIDER PRO Single Camera System V2と、コンパクトで機能性に優れた製品を多岐に展開するPeak DesignのDUAL PLATEを組み合わせてNikon Z9に装着してみました。 動きのあるスチール撮影から、アルカスイスやRC2のプレートに対応した三脚の雲台などに乗せて動画撮影などの据置による運用もする事ができる様になり、これまで以上に使い勝手が良く、快適な取り回しができる様になったので、その一連をレビュ ...

ガジェット カメラ

Nikon Z9を腰にぶら下げてスマートな撮影が行える様になる「SPIDER PRO Single Camera System V2」の外観フォトレビュー

SPIDER LIGHT HOLSTERに続き、今回は、Nikon Z9も腰に装着するSPIDER HOLSTERで運用をしたく、合わせて入手したSPIDER PRO Single Camera System v2について紹介しようと思います! Amazonや楽天市場でも取り扱いはありますが、商品情報に関する内容が浅く、レビューも英語が多いので、この記事を参考に検討されている方は是非チェックしてみてください! SPIDER PRO Single Camera System V2であればNikon Z9に対 ...

トレンドと魅力をブログとウェブサイトで発信しませんか?

レビュー記事執筆・掲載依頼受付

最新のトレンドや商品を徹底的にレビュー!ブログで魅力を余すことなくお伝えします!

執筆依頼

ブログ・WEBサイト制作依頼

魅力的なウェブサイトを手軽に実現!プロがサポートするウェブサイト制作サービス

制作依頼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

toiro

\随時更新中!/
機能的でおしゃれなガジェットで魅力に感じたモノを中心にレビューしています。
\ノーコードWEB制作/
WordPress × Elementor × crocoblock
フリーランスでの経験を軸に副業やビジネスに通用するWEBサイト制作スキルを配信中!
\FOLLOW/