戦略立案からWEBサイト構築・運営までワンストップ対応!ご相談はこちら

カメラ

予備でバッテリー切れのリスクを解消!Nikon純正「EN-EL18d」バッテリーの開封と装着をフォトレビュー

予備でバッテリー切れのリスクを解消!Nikon純正「EN-EL18d」バッテリーの開封と装着をフォトレビュー

\ やっぱりNikon純正バッテリー! /
バッテリーの選択肢に迷ったら?Nikon純正バッテリーの魅力は安心のオフィシャルサポートと高品質の保証に限る

toiro.onlineを始めてから、商品レビューなどでフォトレビューする機会が増えた事もあり、カメラを使う機会が多くなりました。

また、撮影の依頼などもいただくようになったこともあり、いつも撮影で使用しているNikon Z9に付属しているバッテリー 単体だけだと、思い立った際にバッテリー切れになる心配がありました。

そこで、バッテリー切れのリスクを解消するために、Nikon純正のLi-ion リチャージャブルバッテリー「EN-EL18d」を新たに新調したので、開封からNikon Z9に装着する様子をフォトレビューしていこうと思います!

created by Rinker
¥20,900 (2024/05/27 09:39:58時点 楽天市場調べ-詳細)
toiro

Nikon Z9の開封フォトレビューもしています。

Nikon Z9の純正Li-ion リチャージャブルバッテリー 「EN-EL18d」を開封レビュー

EN-EL18dのパッケージ

Nikon Z9に付属しているLi-ion リチャージャブルバッテリーと同じ型番の「EN-EL18d」を今回、新たに新調しました。

EN-EL18には2023年6月現在、「EN-EL18a」「EN-EL18b」「EN-EL18c」「EN-EL18d」で4種類の型番があります。それぞれの性能は同等ですが、「EN-EL18d」に限っては他の型番より電池容量が多くなっているとの事です。

EN-EL18d本体

こちらがNikon純正Li-ion リチャージャブルバッテリーのEN-EL18d本体です。

バッテリー本体に貼られているラベルには3300mAhと記されており、恐らく2022.08 ATと記されているので、昨年製造されたものだと思われます。

付属品は、バッテリーの接続端子を保護するための白いカバーと取扱説明書のみで、バッテリー室カバーの「BL-7」は付属していません。

created by Rinker
¥2,695 (2024/05/27 09:39:59時点 楽天市場調べ-詳細)
toiro

バッテリーを即座に替えたい時が頻繁にある方は、バッテリー毎に室内カバーを準備するのも良いと思います。

EN-EL18d本体の裏面に純正である証として貼られたホログラムシール

EN-EL18d本体の裏面には、パッケージと同様にしっかりとNikon純正の証である事を示すホログラムシールが貼られていました。

ホログラムシールには特殊な光学的効果が施されていて、簡単には偽造できないようになっているため、バッテリーを使用する前に必ずチェックしておく事をお勧めします。

なお、シリアル番号は外見上見つからなかったので、純正であったとしてもないようです。

toiro

ホログラムシールがあったとしても、購入先や値段、ラベルの印字の質なども見極めのポイントです。

Nikon Z9のバッテリー室カバーにEN-EL18dを取り付けて装着

EN-EL18dをバッテリー室カバーに取り付け

実際に、Nikon Z9のバッテリー室カバーにEN-EL18dを取り付けてみました。

取り付けるには、バッテリー室カバー上部にある黄色のレバーを引いて、EN-EL18dの爪をバッテリー室カバーに押し込むことで装着することができます。

toiro

カチッ!っと音がするので、わかりやすいです。

Nikon Z9にEN-EL18dを装着

後は、Nikon Z9の場合、横からスライドして元に戻して、着脱ノブを捻るだけ。

EN-EL18dのバッテリー残量を示すゲージが1のみで充電が必要

バッテリー残量は、電池容量がほとんど無いのか、ゲージが1つしかありませんでした。

これまた、純正のNikon Z9に付属していたバッテリーチャージャー「MH-33」で充電をしておく必要がありそうです。

created by Rinker
¥9,898 (2024/05/27 09:39:59時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,502 (2024/05/27 15:05:11時点 楽天市場調べ-詳細)

予備はあったことに越したことはない

バッテリーの予備は、カメラユーザーにとって非常に重要です。思い立った時や長時間の撮影中にバッテリー切れになるリスクを避けるためにも、予備バッテリーがあると安心です。

特に長時間のイベントや旅行での撮影では、バッテリーの消耗が速くなることがあるため、予備バッテリーを持っていれば、撮影の途中でバッテリーを交換することで撮影の機会を逃さず、安心して撮影に集中できるので、予期せぬトラブルやストレスを抱えないためにも、準備しておく方が無難なアイテムといえます。

created by Rinker
¥20,900 (2024/05/27 09:39:58時点 楽天市場調べ-詳細)

トレンドと魅力をブログとウェブサイトで発信しませんか?

レビュー記事執筆・掲載依頼受付

最新のトレンドや商品を徹底的にレビュー!ブログで魅力を余すことなくお伝えします!

執筆依頼

ブログ・WEBサイト制作依頼

魅力的なウェブサイトを手軽に実現!プロがサポートするウェブサイト制作サービス

制作依頼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

toiro

\随時更新中!/
機能的でおしゃれなガジェットで魅力に感じたモノを中心にレビューしています。
\ノーコードWEB制作/
WordPress × Elementor × crocoblock
フリーランスでの経験を軸に副業やビジネスに通用するWEBサイト制作スキルを配信中!
\FOLLOW/