戦略立案からWEBサイト構築・運営までワンストップ対応!ご相談はこちら

ガジェット カメラ

生地同士がくっつく特殊素材の不思議な風呂敷でカメラ本体やレンズを包み込んで保護できる防滴の「ニコンオリジナルイージーラッパー」レビュー

生地同士がくっつく特殊素材の不思議な風呂敷でカメラ本体やレンズを包み込んで保護できる防滴の「ニコンオリジナルイージーラッパー」レビュー

生地同士がくっつく特殊素材の不思議な風呂敷でカメラ本体やレンズを包み込んで保護できるNikon「イージーラッパー」レビュー

表地と裏地を重ねるだけで、ピッタリと生地同士がくっつき合う不思議なクロスとして、Nikonのロゴが入った「ニコンオリジナルイージーラッパー」を入手したので、レビューしようと思います。

今回、NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sを購入した際におまけとして頂戴しましたが、個別にZシリーズ用として、Zのカッコいいロゴが入ったニコンオリジナルラッパーLサイズの防滴タイプが一般販売されています。

仕様は同じようなので、検討されている方や気になる方は是非参考にしてみてください!

toiro

記事で紹介しながらも、個人的にはオススメはできないので、その辺りの理由についても参考になれば幸いです!

生地がくっつき合う不思議なクロス「ニコンオリジナルイージーラッパー」

こちらが、ニコンオリジナルのイーシーラッパーです。サイズはLサイズで、防滴仕様ということですが、パッケージにも記載がある通り、表地と裏地を重ねることで、ピッタリとくっつく不思議なクロスということみたいです。

Nikonのレンズを購入すると、必ずレンズ用のレンズケースが付属しているため、この手のレンズやカメラ本体のボディーを守るためのイージーラッパーは持っていなかったこともあり、どのように使えるか楽しみです。

中身を取り出して広げてみました。サイズは正方形で縦横の幅が470mmで縁には黄色のラインでデザインされており、ロゴはNikonと白字でプリントされています。

toiro

ロゴ部分は摩擦によって剥がれる可能性があるそうです。

表地と裏地を重ね合わせることでピッタリとくっついて繰り返し使える

厚手の手拭きよりかは薄く、クロス自体は柔らかいです。引っ張っても伸びない強い作りで、触り心地は好き嫌いがあるかと思いますが、指紋がクロスに少し引っ掛かる感じがしました。

表地のNikonのプリントされた黒い面と、グレーの裏地を重ね合わせる事で、重なった部分全体が繊維同士が絡み合っているのか、ピッタリとくっつく仕様で、同じ面同士だとくっつかないので、風呂敷のように包み込むのが前提のようです。

面でくっついているからこそしっかりと包んで守ってくれる

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sのレンズを装着したNikon Z7iiを包んでみることにしました。まずはニコンオリジナルイージーラッパーの中央に包みたいモノを置いて、四隅を中央に寄せるように被せながら包んでいきます。

レンズとボディを包み込むことができました。レンズを装着した状態のカメラだと、歪な形になってしまうため、ギフトのような箱を包み込むように綺麗な形で包み込むのには無理がありますが、生地自体がしっかりしているため、四隅から反対方向へ引っ張りながら生地を重ね合わせる事で、中身が動かないように包み込むことができました。

ふんわりと包み込みたい場合は、折りたたむだけで良いと思いますが、中に無駄なスペースが生まれるため、持ち上げる際などはずれ落ちたりしないようにするなど注意が必要になると思います。そのため、可能な限り動かないように包み込む方が良さそうです。

簡単にくっついたり、剥がしたりできるのに、多少の負荷でも守れる

どの程度の強さでくっつき合っているかについてですが、先程のNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sのレンズを装着したNikon Z7iiが入った状態で、持ち上げたとしても、剥がれ落ちる心配はありませんでした。正しい使い方ではないものの、不意にサッと持ち上げた時に捲れたとしても、しっかりと保護してくれそうです。

くっつき具合についてですが、マジックテープのようにビリビリと剥がすような強度ではなく、ザザザーと剥がせる感じです。

toiro

言葉や文字にすることが難しい!

拡大するとお分かり頂けるかと思いますが、細い繊維が絡み合ってくっついているため、面全体が合わさると、そこそこの強度になるということのようです。

マジックテープの場合、繰り返して使用していると、次第にくっつかなくなりますが、イージーラッパーの場合は、現段階で不明です。

素材ポリエステル100%はカメラを保護する製品としてデメリットの要素が気になる

イージーラッパーの素材はポリエステル100%でできているようで、ポリエステルの特性について調べてみました。

ポリエステル100%の素材の特性について

薄くて強固、乾燥性が高い、熱に強い、変形しにくい

色落ちしやすい、静電気が起きやすい、ゴミや汚れがつきやすい、ニオイが残りやすい

っと、いかがでしょうか?私個人的にですが、メリットよりもデメリットの「静電気が起きやすい」「ゴミや汚れがつきやすい」が気になってしまいます。

カメラの大敵と言えば、ホコリやチリなどのゴミによるカビの発生や、静電気による故障や撮影データの消失ですが、その可能性を引き起こす起因になりかねないと感じてしまいました。

静電気については、イージーラッパーが中身を守りながらも通電しないように放電する作用があるのであれば良いのですが、そもそも静電気が起こりやすい事に対して抵抗があります。

この辺り、素材の特性上とは言え、推奨できる環境と言えるか疑問に感じました。

傷や汚れから守る事が目的であれば、素材にも目を向けた方が良い

いかがだったでしょうか。NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sを購入した際におまけとし入手したニコンオリジナルイージーラッパーについてレビューしました。

Zシリーズ用としてもニコンオリジナルラッパーLサイズの防滴タイプが一般販売されているようですが、素材にフォカスを当てると、意外な事実として、カメラを保護するには、あまり適さない素材であることが分かりました。静電気防止用のスプレーなどを吹き付けたりしたりするのもあるかと思いますが、色落ちの心配があったりと、必ずしも有効とは限りません。

単に傷や汚れを守るのであれば、専用のバックに入れるなどして取り出しやすさや、持ち出しやすさなども考慮したケースやバックを選んだ方が得策だと思います。

今回の記事が参考になれば幸いです!

商品のリンク一覧はコチラ!

今回ご紹介した商品は以下のリンクより購入いただけます♪

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券チャージがオススメです。
チャージ金額に応じてポイントアップ

\ 知らないと損!/

チャージ方法を見る

プライム会員なら、ポイント還元率UPでさらにお得!

\ toiro.onlineで紹介しているオススメ

ガジェット カメラ

Sennheiser「MKE400-ii」でクリアな音声収録!開封と外観レビュー

カメラで動画撮影をした際、音声が全体的に響いてノイズなどが入るなどして気になった事はないでしょうか? 今回は、ミラーレスカメラでの音声収録をよりクリアにする外部マイク「SennheiserのMKE400-ii」を購入した。 2022年の1月に発売されており、発売してから2年経過していますが、YouTubeなどのSNSでも高く評価されており、多くのクリエイターに使われているMK400iiで、テレビや映画などの収録用マイクとして長年愛されているMKH416を製造販売している知る人ぞ知る老舗のメーカーでもありま ...

ガジェット

TourBox Eliteで写真や動画編集などの様々なアプリケーションを片手で簡単操作!開封レビュー

写真の現像や動画編集など、パソコンを使ったクリエイティブな作業をするのに役立つのが、bluetooth左手デバイスとしてTourBox Eliteが展開されています。 TourBox Eliteは複数のボタンやダイヤルなどで構成されており、複数のアプリケーションを事前にプリセットとしてよく使うショートカットキーやコマンドを割り当てることできるようになっています。その他、マクロを組んで一括で複数の処理を行ったりすることができるため、これまでマウス操作やショートカットキーで同時押しが必要な手間を省略することが ...

ガジェット カメラ

DJI Osmo Pocket 3になって大幅アップデート!クリエイターコンボの開封とその魅力に迫る

2023年10月25日に、DJIよりポケットに収まるサイズのスタビライザーとして展開しているDJI Osmo Poket 3が発売されました。 DJI Osmo Pocket 3は、以前からもあったDJI Osmo Pocketの最新版で手のひらサイズでコンパクトな設計でありながらも、滑らかな映像を撮影することができるデバイスとして注目を集めており、日常風景からVlog、プロの現場でも大型機材が入らないような場所などでも使用されています。 今回新たに発売されたDJI Osmo Pocket 3について、発 ...

ガジェット カメラ

速写に対応しながらも複数規格の三脚座に対応!快適な取り回しを実現

人体への負担が少なく速写を追求した製品を多く取り揃えるSPIDERのSPIDER PRO Single Camera System V2と、コンパクトで機能性に優れた製品を多岐に展開するPeak DesignのDUAL PLATEを組み合わせてNikon Z9に装着してみました。 動きのあるスチール撮影から、アルカスイスやRC2のプレートに対応した三脚の雲台などに乗せて動画撮影などの据置による運用もする事ができる様になり、これまで以上に使い勝手が良く、快適な取り回しができる様になったので、その一連をレビュ ...

ガジェット カメラ

Nikon Z9を腰にぶら下げてスマートな撮影が行える様になる「SPIDER PRO Single Camera System V2」の外観フォトレビュー

SPIDER LIGHT HOLSTERに続き、今回は、Nikon Z9も腰に装着するSPIDER HOLSTERで運用をしたく、合わせて入手したSPIDER PRO Single Camera System v2について紹介しようと思います! Amazonや楽天市場でも取り扱いはありますが、商品情報に関する内容が浅く、レビューも英語が多いので、この記事を参考に検討されている方は是非チェックしてみてください! SPIDER PRO Single Camera System V2であればNikon Z9に対 ...

トレンドと魅力をブログとウェブサイトで発信しませんか?

レビュー記事執筆・掲載依頼受付

最新のトレンドや商品を徹底的にレビュー!ブログで魅力を余すことなくお伝えします!

執筆依頼

ブログ・WEBサイト制作依頼

魅力的なウェブサイトを手軽に実現!プロがサポートするウェブサイト制作サービス

制作依頼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

toiro

\随時更新中!/
機能的でおしゃれなガジェットで魅力に感じたモノを中心にレビューしています。
\ノーコードWEB制作/
WordPress × Elementor × crocoblock
フリーランスでの経験を軸に副業やビジネスに通用するWEBサイト制作スキルを配信中!
\FOLLOW/